無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« ウィキペディアについて考える① | トップページ | 北山猛邦『アリス・ミラー城』殺人事件 »

恒川光太郎『草祭』

5編の短編を収録。
書名の「草祭」は、その短編の一つから取られたものではない。全体のイメージとしてつけられた書名なのだろう。
ノスタルジー色の強い神秘的な世界観、そして(月並みな表現だが)透明感あふれる筆致は本当に素晴らしい。
ただ、本作はあまり面白くなかった。個々のアイデアがいまひとつ。オチもいまいち。
5作品には、「美奥」という土地を共通させて登場させているのだけど、その効果もあまりなし。
ということで、ちょっと残念であった。

ところで、「天化(てんげ)の宿」に出てくる「天化」というゲームは激しく面白そうだ。これを、小説化してほしいなあ。

草祭
草祭 恒川 光太郎

おすすめ平均
stars記憶に在る奇跡
stars懐かしい景色
stars情緒が消えた、ただの非現実小説
starsノスタルジーの世界
starsより広がった恒川ワールド

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« ウィキペディアについて考える① | トップページ | 北山猛邦『アリス・ミラー城』殺人事件 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(た行)恒川光太郎」カテゴリの記事

(2009年読了)ホラー・ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恒川光太郎『草祭』:

« ウィキペディアについて考える① | トップページ | 北山猛邦『アリス・ミラー城』殺人事件 »

カテゴリー