無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 北村薫『紙魚家崩壊 九つの謎』 | トップページ | ファイナルファンタジー13体験版プレイ動画 »

北山猛邦『『ギロチン城』殺人事件』

本作の物理トリックは、いろんな意味でどうなのよ?という感じ。悪くないけどね。

真犯人の正体に関する描写はポカーン?
黄金の羊毛亭」さんのネタバレ感想を読み納得できた。
確かに嘘は書いてないが、フェアといえるのかどうか? 
凄いテクニックだとは思うけど。

人物描写を破棄したところは逆に好感が持てた。名前が数詞なのは笑った。

なお、これから北山作品を読もうという人は、なるべく文庫版で読むことを推奨したい。ノベルズ版からかなり加筆・修正されているためである。

ところで、本作は図書館で借りたのだが、その本に数多くの鉛筆書きがされていた。直接ネタを割るようなものではなかったが、いろいろ邪推しながら読むことになった。
『アリス・ミラー城』殺人事件でも同じことがあった。両方とも同区の図書館のものなので、同じ輩の仕業だろう。許せないね。

『ギロチン城』殺人事件 (講談社文庫) 『ギロチン城』殺人事件 (講談社文庫)
北山 猛邦

講談社 2009-03-13
売り上げランキング : 14261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 北村薫『紙魚家崩壊 九つの謎』 | トップページ | ファイナルファンタジー13体験版プレイ動画 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(か行)北山猛邦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北山猛邦『『ギロチン城』殺人事件』:

« 北村薫『紙魚家崩壊 九つの謎』 | トップページ | ファイナルファンタジー13体験版プレイ動画 »

カテゴリー