無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『ブランディッシュ~ダークレヴナント~』 | トップページ | 宗田理『殺しの交換日記-2年A組探偵局』 »

霧舎巧『ドッペルゲンガー宮 《あかずの扉》研究会流氷館へ』

第12回メフィスト賞受賞作。
今回は再読である。初読は2005年8月。

これから霧舎巧の作品群を読んでみようと思ったのだが、本作の内容をほとんど失念してしまったため、再読を敢行した。

素人の投稿ということを考えると、メフィスト賞受賞は当然ともいうべきレベルの高い作品といえる。

ただ、私の読解力不足のためか何箇所か???な箇所もあり。

かなりの長編でそこそこ複雑であるため、適当に読んでいると、勘違いをしたり、大事なことを見逃しがちになる。
(もしかしたら、これも作者の狙いの一つか?)

また序盤、比較的ゆる~い始まり方をするのに、探偵役である後藤だけが緊張感ありまくりなあたりに、違和感を感じた。

ドッペルゲンガー宮―“あかずの扉”研究会流氷館へ (講談社文庫)
ドッペルゲンガー宮―“あかずの扉”研究会流氷館へ (講談社文庫) 霧舎 巧

おすすめ平均
stars実際には有り得ない設定
stars娯楽モノとしては十分。
stars推理物ではなく、青春小説として読むと面白いです
stars登場人物が多すぎる
stars本格推理オススメ本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 最近やったゲーム『ブランディッシュ~ダークレヴナント~』 | トップページ | 宗田理『殺しの交換日記-2年A組探偵局』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

■メフィスト賞受賞作品」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(か行)霧舎巧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧舎巧『ドッペルゲンガー宮 《あかずの扉》研究会流氷館へ』:

« 最近やったゲーム『ブランディッシュ~ダークレヴナント~』 | トップページ | 宗田理『殺しの交換日記-2年A組探偵局』 »

カテゴリー