無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 北山猛邦『踊るジョーカー―名探偵 音野順の事件簿』 | トップページ | 椙本孝思『明日、キャロラインカフェで』 »

新堂冬樹『女王蘭』

本作は、ドラマ化もされた『黒い太陽』の続編という位置づけ。
※ちなみに『溝鼠』の鷹場が、まさかのちょい役として登場する。

あまり出来のいい作品とはいえなかった。内容的な荒っぽさも目立つ。
原稿として完成されていないというか、ラフを読んでいるような印象を受けた。
ラストもよくわからないし。

ブラックモノの新堂作品を読むのは、1年半ぶりだった。
代わり映えの無い内容に飽き飽きしていたため、間を空けたのだ。
だけど、ダメだった。面白いとは感じられなかった。卒業だな。

女王蘭
女王蘭 新堂冬樹

おすすめ平均
stars前作の方が・・・
stars野心家の主人公に共感した
stars“あの男”に失望
stars完全なる失敗作
stars「黒い太陽」の続編

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 北山猛邦『踊るジョーカー―名探偵 音野順の事件簿』 | トップページ | 椙本孝思『明日、キャロラインカフェで』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(さ行)新堂冬樹」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新堂冬樹『女王蘭』:

« 北山猛邦『踊るジョーカー―名探偵 音野順の事件簿』 | トップページ | 椙本孝思『明日、キャロラインカフェで』 »

カテゴリー