無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 東川篤哉『殺意は必ず三度ある』 | トップページ | 蘇部健一『六枚のとんかつ』 »

東川篤哉『館島』

東京創元社の「ミステリフロンティア」で刊行された作品。

孤島の館もの。

勝気で高飛車な女探偵、大掛かりな物理トリック、ユーモアあふれる筆致と、読んでいて楽しい要素ばかりだ。

ただ、タイトルがちょっと気になる。
このタイトルだと島レベルのものすごい大きな仕掛けがあるのかと思う。
東川作品は、もう少しタイトルの付け方を頑張ってほしいなあ。

館島 (創元推理文庫)
館島 (創元推理文庫) 東川 篤哉

おすすめ平均
stars楽しい「孤島の館」もの
stars「螺旋階段」と「80年代」と「岡山」
starsおみごとな伏線回収

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 東川篤哉『殺意は必ず三度ある』 | トップページ | 蘇部健一『六枚のとんかつ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(は行)東川篤哉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東川篤哉『館島』:

« 東川篤哉『殺意は必ず三度ある』 | トップページ | 蘇部健一『六枚のとんかつ』 »

カテゴリー