無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 島荘、日本ミステリー文学大賞受賞 | トップページ | 霧舎巧『ラグナロク洞 《あかずの扉》研究会影郎沼へ』 »

雫井脩介『ビター・ブラッド』

「ビター・ブラッド」というカタカナタイトルだけでは、どういう作品かイメージしづらい。
人によっては、言葉の響きから爽やかな青春ものと思う人もいるかも知れない。

が、「ビター・ブラッド(Bitter Blood)」は、直訳すると「苦い血」。
実はある親子を描いた作品だ。
その親子は、二人とも刑事。
ということで、実は警察(犯罪)小説なのだ。

力作だとは思う。しかし、あまり商業的には成功しないタイプの作品だ。

ヤクザ、情報屋など裏系の多数の人物が登場する上、それらが警察官も交えてかなり複雑な人間関係を作っており、なかなか理解しづらい。
また事件自体がそれほど面白くない。展開もかなり地味。
主人公(読者)が知らない情報を、周囲の警察関係者は知っているというシチュエーションに、もどかしくなる。

そういったこともあり、あまり高く評価されない作品に感じる。

ビター・ブラッド
ビター・ブラッド 雫井 脩介

おすすめ平均
stars新作で楽しみにしていたのだが…
stars軽く読める本
stars笑えます
stars年下の作家
starsアイディアが消化不足

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「ジェントル」のジャケットプレイは好きだけどね。

« 島荘、日本ミステリー文学大賞受賞 | トップページ | 霧舎巧『ラグナロク洞 《あかずの扉》研究会影郎沼へ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(さ行)雫井脩介」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雫井脩介『ビター・ブラッド』:

« 島荘、日本ミステリー文学大賞受賞 | トップページ | 霧舎巧『ラグナロク洞 《あかずの扉》研究会影郎沼へ』 »

カテゴリー