無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 「葛城ミサト報道計画」について | トップページ | [ドラマ感想] 『裁判員制度ドラマSP「サマヨイザクラ」』 »

辻村深月『太陽の坐る場所』

25歳にもなると、
「いい会社に入り、満足のいく仕事をしている者」
「人はいい会社というけれど、本人はストレスだらけ」
「就職に失敗し、貧乏くらし」
「夢を捨てきれない者」
「結婚する者」
「都落ちするもの」
「海外に逃げる者」

など、同じ大学出身者であっても、かなり差が出る。

本作は、同じ高校出身者たち数名の、生き様を、内面にスポットを当てて描いた連作集。
いくら「友達」だと思っていても、お互い「あいつには負けなくない」と思っているもの。
そこらへんの心情を、過去のちょっとした事件(の記憶)を織り交ぜて、描いている。

*****

大きな謎といったものもなく、ストーリー的な面白みもないため、かなり退屈。
読み進めるモチベーションが維持できず、読了までかなりの時間を要した。
苦痛すら感じた。

ちなみに、ミステリー的な仕掛けもある。
が、いかにも辻村流。
あまり効果的でないし、必要性も感じなかった。

******

辻村作品は、どれも内面描写は凄いし筆致も綺麗だと思う。
が、あまりにも掘り下げすぎ&まわりくどくて、いわゆる厨二病的な匂いすらする。
辻村深月は、これで卒業にする。
もう、いいわ。私には合わない。
トリックも、描かれる内容も飽きた。

辻村深月作品は、ネットの書評などでは無条件にマンセーされている。

今後の活躍が期待される作家だが、とにかく本作は万人にはオススメできない。読み手を選ぶ。下手をすると本嫌いになってしまう。文学好きにはそれなりに評価されそうだが、エンタメ好きには辛い作品。

太陽の坐る場所
太陽の坐る場所 辻村 深月

おすすめ平均
stars和解を描いていると思いました。
stars怖い!すごい迫力でした。
stars一人でやってろ
stars本当に囚われているのは……
starsミステリー……なのかな?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どうでもいいが、やはりこういう小説を読むと、
都内、あるいはその近郊の県で育ち、東京のそれなりの大学に進学するというのが、正しい気がする。

« 「葛城ミサト報道計画」について | トップページ | [ドラマ感想] 『裁判員制度ドラマSP「サマヨイザクラ」』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(た行)辻村深月」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(2009年読了)一般小説」カテゴリの記事

カテゴリー