無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 深町秋生『東京デッドクルージング』 | トップページ | 雫井脩介『白銀を踏み荒らせ』 »

雫井脩介『栄光一途』

雫井脩介のデビュー作。第4回新潮ミステリー倶楽部賞受賞作である。

大変な力作だと思う。元々柔道、スポーツ全般に詳しいのか、そうでないなら相当な資料を読み込んで執筆したのだろう。
柔道の試合の描写はなかなか凄いと思ったが、柔道を知らない人には辛いかもしれない。正直、私にはピンと来なかった。

ストーリー自体は、それほど面白くはなかった。
柔道界を舞台にしたドーピング疑惑のプロットと殺人者のプロットを錯綜させ、読者の興味をひこうとしているのだがどうもいま一つ。
前者のプロットは、キャラが多すぎて、読んでいて頭の整理がつかなかった。
後者のプロットについては、冒頭の「シンジという男」という記述、そして「信司」「新二」という二人の同名の人物から、ネタを読めてしまった。
そんなとこかな。

ちなみに、本作でも、犯人による「ふんうあああっ!」というのがあった。
(そのシーンの深紅姉さんカッコいいね)

栄光一途 (幻冬舎文庫)
栄光一途 (幻冬舎文庫) 雫井 脩介

おすすめ平均
starsドーピングは悪か
stars頑張るヒロイン
stars筋、キャラクター、柔道シーン。かなりの筆力で読ませます。
stars剛よくミステリーをやや制す
starsいい作家がでてきたね!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 深町秋生『東京デッドクルージング』 | トップページ | 雫井脩介『白銀を踏み荒らせ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(さ行)雫井脩介」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー