無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 霧舎巧『四月は霧の00(ラブラブ)密室』 | トップページ | 深町秋生『東京デッドクルージング』 »

山田悠介『ニホンブンレツ』

本作は、日本が東と西に分断され、トンデモな事態になった未来世界を舞台としている。
設定は面白いと思う。階級制度を導入し、四国を奴隷エリアにした、なんてあたりは良い。
四国の人には申し訳ないが、私もかつてそんな妄想をしたことがある(W
※ツッコミところはいろいろあるけど、この作品はこういうものだと目をつぶろうよ、みなさん!

ストーリーも前半部分はよいと思う(西に潜りこむあたりまで)。
ただそれ以降は、いつもの山田作品の型通りで……。
という感じ。つまらんことはないが、まああまり褒める人はいないだろうね。
やたらと展開が早いのも気になった。

にしても、山田先生は、もう文芸社から本を出すのはやめたほうがいいかも知れない。
山田作品には、誤植や誤用などが多いことは有名な話だが、それは文芸社がまともに校正をしていないせいではないか?
本作では、以下3箇所が気になった。

●P287 8行目
『……その先の合流地点から二台のパトカーが現れ、博文は一気に抜き去った。現在四台のパトカーに追われているが、その直後前方に赤いパトランプが見えた。』
→さっぱりわかりません(W

●P306 6行目
『……全長五メートルほどの高さの……』
→高さを表現するときでも、「全長」でOK?

●P321 9行目
『……生まれてきたときからどちらかといえば博文似だったが、どんどん博文の顔に近づいている……』
→なんか違和感ある。

ニホンブンレツ
ニホンブンレツ 山田 悠介

おすすめ平均
stars暇つぶしの娯楽作品として
starsん?
stars今がその時。
stars行き当たりばったりに書いたのかな
stars一生成長できないと思う

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関東と関西の戦争を描いた作品といえば、筒井康隆の『東海道戦争』が有名である。

東海道戦争 (中公文庫)
4122022061 筒井 康隆

中央公論社 1994-12
売り上げランキング : 229630

おすすめ平均star
star筒井作品の短編集ベスト5に入る。
star筒井は世界一のかさぶた擦り

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 霧舎巧『四月は霧の00(ラブラブ)密室』 | トップページ | 深町秋生『東京デッドクルージング』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(や行)山田悠介」カテゴリの記事

(2009年読了)SF」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー