無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« すえばしけん『スクランブル・ウィザード』 | トップページ | ついにWii版『大神』発売に! »

西澤保彦『マリオネット・エンジン』

表題作ほか、全6本のSF中短編を収録。
地雷本だった。
私は、西澤保彦の初期SFミステリーがとても好きだ。
だから、かなりの期待をもって本書を読み始めた。
しかし、思いっきり期待はずれだった。

SF的設定で不条理な世界が展開され、最終的には夢オチ、とかそんなのばかり。本書は西澤流ロジックを楽しむことはできない。
西澤流エロ描写も多くてうんざり。
表題作の「マリオネット・エンジン」は、設定そのものがわかりづらくて、序盤で読むのを挫折してしまった。

本書は、あとがきにあるよう、雑誌などに発表した作品の寄せ集めである。
またそれらの作品の原型は、作家になる前に同人誌に発表したものであったりする(しかもロジックよりも、不条理なSF、ホラー的な作品中心)。
だからクオリティが低いというのは、著者も編集者もわかった上でのことだと思う。
が、間違って買ってしまった西澤ファンからすれば、たまったもんじゃないね。

マリオネット・エンジン (講談社ノベルス)
マリオネット・エンジン (講談社ノベルス)
おすすめ平均
stars西澤好きでもキツい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« すえばしけん『スクランブル・ウィザード』 | トップページ | ついにWii版『大神』発売に! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(な行)西澤保彦」カテゴリの記事

(2009年読了)SF」カテゴリの記事

カテゴリー