無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 香納諒一『ステップ』 | トップページ | PS3 Slim キタコレ! »

×××挫折×××立原伸行『事件記者が死んだ夜』

メフィスト賞に応募された作品。メフィスト賞は受賞しなかったが、講談社から刊行された。

新聞記者(毎日新聞社員)が書いた作品とのことで、新聞社内の内情がかなり細かく書かれている。

だが、小説としては、ひどい出来。
通常のコンクールなら、間違いなく1次審査で落ちるレベル。自費出版でもしてください!というレベル。

小説としての文章がこなれていない。
主人公の造形が有り得ない。キモ過ぎる。
ストーリーも面白くなく、リーダビリティゼロ。
150ページまで読んだけど、これ以上読む進めることの苦痛と時間の無駄を考え、読書継続を断念(150ページ読むのもかなりの時間がかかった。最悪だぁ)。

新聞記者としては相当優秀な人みたいだけど、小説執筆は趣味にとどめておいてください。
※本作を含めすでに3冊発表している。ただし、3冊目は新風舎(自費出版の会社。倒産している)から出している。講談社が見放したか?

事件記者が死んだ夜
事件記者が死んだ夜
おすすめ平均
stars新作を待ち続けています

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 香納諒一『ステップ』 | トップページ | PS3 Slim キタコレ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(た行)その他」カテゴリの記事

×××挫折×××」カテゴリの記事

■メフィスト賞受賞作品」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー