無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 岡嶋二人『眠れぬ夜の報復』 | トップページ | 木下半太『悪夢のドライブ』 »

木下半太『悪夢のエレベーター』

著者は、劇団ニコルソンズ(チームKGB)という劇団の主催者。
本作は、ブログ掲載していたものをまとめたもので、ドラマ化もされ、さらに映画公開も予定されている。なんと26万部も売れたそうだ。

エレベーターというシチュエーション・コメディ(サスペンス)で、セリフ回し(ビミョウにギャクが外れている)ところなども、いかにも演劇人の作品という感じた。
悪くは無いが、ありがちな作品という感は拭えなかった。
エレベーターに閉じ込められた(?)人々の悲劇?を描いたもので、キャラ設定は空き巣、自殺志願者、オカマ、超能力者と、誰でも考えそうなものばかり。
ま、サクッと読める、軽く楽しめるという点ではいいかな。
小説というより、「台本以上小説未満」の読み物であるが。

ちなみに、本作は文庫も発売されているが、今回新書版で読んだ。
新書版では、セリフ部分はフォントが変えられてたりと、かなり凝った造りとなっている。
この新書版の発行元は幻冬舎メディアコンサルティングである。
なんでだろ?と思ったら、巻末にQlepブログの宣伝がある。
ああ、そういうことかと(W
(私は、Qlepという会社(サービス)自体知らなかった)

■悪魔のエレベーター 第4章、第5章
 ※ブログで続編を公開している。
 http://blog.qlep.com/blog.php/114535

■映画のサイト
  http://www.akumu11.jp/

悪夢のエレベーター―Nightmare after a Secret
悪夢のエレベーター―Nightmare after a Secret
おすすめ平均
starsかなり力業やけど
stars舞台・演劇の台本のような小説
stars意外性は抜群。
starsもう一度読み返したくなる
starsWebからやってきたそうです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
悪夢のエレベーター (幻冬舎文庫)
悪夢のエレベーター (幻冬舎文庫)
おすすめ平均
stars意外性?
starsやられました(笑)
stars密室エンターテイメント
stars途中
stars気安いエンタメ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 岡嶋二人『眠れぬ夜の報復』 | トップページ | 木下半太『悪夢のドライブ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(か行)木下半太」カテゴリの記事

カテゴリー