無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 内館牧子が過大評価されている件 | トップページ | 東川篤哉 『ここに死体を捨てないでください!』 »

薬丸岳『悪党』

薬丸岳といえば、過去の作品でも
「少年犯罪」
「犯罪者は更正できるのか」
「被害者の怒り、復讐」
「被害者は、何をもって赦せるのか」

といった重いテーマの作品を発表している。

本作の主人公(探偵)も、姉を強姦殺人で失った過去を持つ元警官である。
本作は(全7章からなる)各章で、犯罪前歴者の追跡調査(出所後を追いかける)が行われる。
そこで明らかになる、犯罪前歴者の今の姿。そして主人公と被害者家族が彼らにどう向き合うかが描かれる。

今までの薬丸作品と違うのは、本作ではトリックはプロットの妙よりも、犯罪者や被害者の内面に踏み込むことに比重が置かれている点だろう。
また、構成がドラマ的、アニメ的手法とでもいうのだろうか、全7章は「全7話」という表現が適切だろう。
各エピソードで個別の事件を描きつつ、少しずつ明らかになる主人公の仇敵たちの姿。そしてラスボスとの対峙に向けて、物語が進んでいく。
※これは、本作は書き下ろしではなく雑誌連載ものということもあるだろう。

私的に残念なのは、クライマックス部分はいまいち物足りない印象が残った点だ。もう少し別の方法にしてほしかった。それ以外は文句なしで面白い。
(ネタバレ気味だが)エピローグ、決して消えることのない闇の中、一筋の光が見えたことは、物語の締めくくりとしてよかったと思う。冬美、そしてゆかりにとっても。

悪党
悪党
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-07-31
売り上げランキング : 38096

おすすめ平均 star
starどんな姿を見たら赦せると思えるのか
star被害者感情からの目線

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※アマゾンのリンク先に、著者自身による紹介ビデオあり。
   初めて、1人称で書いた小説とのこと。
  どうでもいいが、あまり、喋りなれてない感じですな(W

« 内館牧子が過大評価されている件 | トップページ | 東川篤哉 『ここに死体を捨てないでください!』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(や行)薬丸岳」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー