無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 西澤保彦『実況中死』 | トップページ | 西澤保彦『夢幻巡礼』 »

西澤保彦『念力密室』

神麻嗣子の超能力事件簿(チョーモンイン)シリーズの第3弾にあたる。

表題作ほか、全6作の短編を収録。
本作の短編のうち5作は、「サイキックで施錠し、密室構成」という前提で、何故、誰が、何のために、それを行ったのか(不可解な状況にしたのか)?について、推理を行うものとなっている。

ところで、
たとえば、「不自然なかんがある」「大物な感のある」という場合の「かん」だが、私はずっと「感」だと思っていた。が、「観」だったのね。英語(look like)で考えれば、そりゃそうかという感じ。
このブログでも、「○○な感がある」と間違いまくりで使ってきた。面倒だから、直しませんが。

念力密室!―神麻嗣子の超能力事件簿 (講談社文庫)
念力密室!―神麻嗣子の超能力事件簿 (講談社文庫)
おすすめ平均
stars《神麻嗣子の超能力事件簿》シリーズの第一短編集
stars超能力トリック
stars超能力事件簿
stars密室事件の概念を変えた超傑作短編集
starsたんなるキャラ萌えと思ったら大間違い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 西澤保彦『実況中死』 | トップページ | 西澤保彦『夢幻巡礼』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(な行)西澤保彦」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

●密室殺人モノ●」カテゴリの記事

カテゴリー