無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 「ロスプラ2」キャンペーン協力プレイ体験版をプレイしてみた | トップページ | 木下半太『悪夢の観覧車』 »

貫井徳郎『乱反射』

本作は、ミステリーではない。
ある幼児の死を巡る物語である。
その死に間接的に影響を与えることになる多くの登場人物の人生、生き方が丁寧に描かれる。

本作は、第141回直木賞候補になった作品でもある。
しかし、「庶民の平凡な生活の記述が長すぎる」とのことで落とされてしまった。
まあ、確かに長すぎるとは思う。
(元々週刊誌の連載小説なわけだが、余分な部分が多く物語りの進行が遅いため、連載時にまともに読んでいた人はあまりいないだろう)
だから、直木賞には適切でないだろう。
だけど、これがこの作品の持ち味でもある。
私は、貫井さんの本はどれも好きだし、本作も好きだ。余分多くていいじゃない!
(コアなミステリーファンから、ライトな読書好きまでにオススメできるいい作家さんだと思ってます)

乱反射
乱反射
おすすめ平均
starsカウントダウン方式の盛り上げ方がうまい!
stars面白かったですけどね、、、(少しネタばれ?)
stars被害者のやるせない想いが痛いほど伝わってきた
stars貫井徳郎の見る人間の姿
stars自己愛ゆえに

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 「ロスプラ2」キャンペーン協力プレイ体験版をプレイしてみた | トップページ | 木下半太『悪夢の観覧車』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(な行)貫井徳郎」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー