無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 福田和代『TOKYO BLACKOUT』 | トップページ | 矢野龍王『織姫パズルブレイク』 »

三津田信三『凶鳥の如き忌むもの』

「刀城言耶シリーズ」の第2作。
前半は読むのが苦行。後半はそこそこ面白い。
よく考えられているとは思う。ラストのアレは余分だが。

というわけだが、なぜ前半(事件発生まで)が苦行かというと、
わからない、読みづらい、つまらないからだ。
まず、伝承や民俗学のうんちく話が多い。
これらが、わかりづらいのはまあ良しとしよう。
問題は、地形、位置(空間)関係の描写(説明)である。
前作『厭魅の如き憑くもの』もそうだったが、本作では著者が何を言っているのかが全く理解できない。
事件の舞台(設定)をイメージできる人がどのくらいいるのだろうか?と思う。

編集者は理解できたのだろうか?
読者の視点ではどうかと、考えなかったのだろうか?
もし、理解しがたいだろうと判断したなら、どうしてリライトをさせたり、見取り図などをつける工夫をしないのか?
※見取り図を作ろうと、編集部が外部のイラストレーターに依頼→イラストレーター、白旗あげる、なんてこともあったのかも知れない。

もしかしたら雰囲気づくりのため、わざとやってるのかも知れない。
「わかりづらい」→「難解」→「かっこいい」なんて勘違いしているのかも知れない。
いまどきこういうのは損するだけだと思うけどね。

きっと私がバカで読解力、想像力がないのだろう。
だけど、三津田の文章力、表現力にも問題があると思う。

これは難解なのではなく、単なる悪文だ。

あと、地名、人名は徹底的にルビを振ってほしかった(→講談社ノベルス)

↓講談社ノベルス版は、装丁がひどい。

凶鳥の如き忌むもの (講談社ノベルス)
凶鳥の如き忌むもの (講談社ノベルス)
おすすめ平均
stars《刀城言耶》シリーズの第二長編
stars「刀城言耶」のブランディングが分からない
starsラストに納得できない(ネタばれです、注意!)
stars直球勝負の不可能犯罪
stars理が勝ち過ぎている気が...

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓原書房版は、装丁がかっこいい。村田修さんの絵は大正解だったね。ちなみに、こちらは書き下ろし短編付きらしい。

凶鳥の如き忌むもの (ミステリー・リーグ)
凶鳥の如き忌むもの (ミステリー・リーグ)
おすすめ平均
starsこちらも《人間消失》――書き下ろし短編「天魔の如き跳ぶもの」
starsまさしく、コレクターズアイテム☆

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 福田和代『TOKYO BLACKOUT』 | トップページ | 矢野龍王『織姫パズルブレイク』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(ま行)三津田信三」カテゴリの記事

カテゴリー