無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 連城三紀彦『夜よ鼠たちのために』 | トップページ | 歌野晶午『絶望ノート』 »

歌野晶午『密室殺人ゲーム2.0』

『密室殺人ゲーム王手飛車取り』の続編である。
前作のネタバレ全開とのことなので、未読の方は注意。私は、前作の記憶が吹っ飛んだ状態で読んだので、何がどうネタバレしてるかわからず。たぶん、各「章(Q)」の間にある短い文章が意味を持ってるんだと思うが。

長編ではなく、短(中)編を集めた連作もの。
序盤はビミョウな印象を受けた。しかし、途中(Q3、Q4)からはとても面白くなる。楽しく読めた。Q3は、高木彬光の『人形はなぜ殺される』的でとても良い。

(以下、ネタバレ疑問)
「Q1」→殺人者たちはどのような手段でカレンダーのメッセージを確認してたの? 現場のカレンダーをデジカメ撮影→チャット、ということか?なんかちぐはぐ。
「Q5」→P253の頭狂人のみが知ってる「被害者を釣れた理由」とあるけど、これは「女だから」ということでOK?

密室殺人ゲーム2.0 (講談社ノベルス ウC-)
密室殺人ゲーム2.0 (講談社ノベルス ウC-)
講談社 2009-08-07
売り上げランキング : 68139

おすすめ平均 star
star前作品のリセット作ではない、かつ次作品も期待!
star正に現代人の御遊戯感覚

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 連城三紀彦『夜よ鼠たちのために』 | トップページ | 歌野晶午『絶望ノート』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(あ行)歌野晶午」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー