無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« MHP2G 激スゴ鬼畜動画 | トップページ | ×××挫折×××西村寿行『虎落笛』 »

若竹七海『ぼくのミステリな日常』

短編連作集。タイトル通り「日常系ミステリ」である。
全く面白くなかった。

本作は比較的高い評価をされている作品である。これは、本作が短編連作という形をとりながら、最終的にあるカタチを生み出すという仕掛けがされている点にあるのだろう。
確かに、それはなかなか巧いと思った。
だけど、それぞれの短編があまりにもつまらない。
無意味に人物出しすぎでゴチャゴチャなのも×。

あと、この人、文章が巧いと評されているが、正直どこが巧いんじゃ?と思った。
文学的装飾(素材含む)や爽やかなタッチが良いということなのかな?
確かにそうかも知れない。
だけど、説明描写(人間関係、位置関係)がダメダメ。何を言ってるかわからない箇所が多数あった。

この作品が書かれた時、著者は比較的若い女性(30歳くらい?)だったというのが、今の過大評価につながっている気がする。

ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)
ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)
おすすめ平均
stars《日常の謎》と連作長篇という手法を融合させた記念碑的作品
starsGを感じたい!加速度オッケー!
starsこれが短編?
starsラストの仕掛け
stars最後の最後まで気が抜けない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« MHP2G 激スゴ鬼畜動画 | トップページ | ×××挫折×××西村寿行『虎落笛』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(わ行)その他」カテゴリの記事

カテゴリー