無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« ×××挫折×××小堺桂悦郎『なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学』 | トップページ | 最近やったゲーム『ファイナルファンタジーXIII』① »

絶対観て損なしの映画『カビリアの夜』

基本的にフェリーニの映画は好きではない。
文学的すぎ、ストーリーが面白くない、意味がわからない、無駄に長いなどの理由による。古典映画マニアでない限り、多くの人が同じ意見を持つと思う。

さて、そんなフェリーニ映画で、唯一好きなのが本作である。

主演は、フェリーニ作品の多くで主演と勤めると同時に、フェリーニの妻も勤めたジュリエッタ・マシーナ。
本作では、ジュリエッタが娼婦を演じている。
娼婦というものは、汚れた存在「売女(ばいた)」として描かれることが多い。
これは、文学作品の多くがそうであるし、社会的通念でもある。
しかし一部の作品では、汚れた存在としての娼婦が「聖女」のような存在に一転する。
非常に不思議で面白いモチーフである。
本作は、そういった娼婦の聖性を描いた代表的な作品といえるのではないだろうか。
※このような作品の例として、松本清張の『天城越え』などがある。

ニーノ・ロータの素晴らしい音楽が流れる中、ジュリエッタがカメラ目線に微笑ながら頷くラストシーンは秀逸である。愚かでありながら、汚れでありながら、懸命に生きる者を描いた素晴らしい作品だ。

カビリアの夜 [DVD]
カビリアの夜 [DVD] ディーノ・ディ・ラウレンティス

紀伊國屋書店 2009-05-30
売り上げランキング : 68476


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
カビリアの夜 完全版 [DVD]
カビリアの夜 完全版 [DVD] フェデリコ・フェリーニ

おすすめ平均
starsおおげさに語られない真実
stars「本当に愛してるの?」「嘘じゃないよね」「信じていいよね」
starsジュリエッタ・マシーナの演技に圧倒される!
stars最後が・・・涙
starsおもしろい。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちなみに、フェリーニの映画には名シーンというべきものが多い。たとえば、『8 1/2』のラストシーン。ロケット打ち上げ場で、人々が輪になって踊り、物語が歓喜のまま終結する場面。ストーリーはさっぱりだが、このシーンはとても好きだ。

そういや『ジンジャーとアルフレッド』も、悪くはないか。

« ×××挫折×××小堺桂悦郎『なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学』 | トップページ | 最近やったゲーム『ファイナルファンタジーXIII』① »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

【絶対見て損なし】映画」カテゴリの記事

カテゴリー