無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『ファイナルファンタジーXIII』③ | トップページ | 2009年プレイしたゲームを振り返る »

柳広司『饗宴 ソクラテス最後の事件』

本年のミステリーの各ランキングで、『ダブル・ジョーカー』が上位に入った柳広司の3作目。
非常に力作である。力のある作家だというのがよくわかる。
本作執筆にあたり、資料を徹底的に読みこなし、勉強したというのが伝わってくる。

幻想的で魅惑的な多数の謎を提示、それらをきちんと解明するあたりは見事。
本作は、発掘されたパピルスに記述されたいたクリトンの手記という体裁をとっている。
そのクリトンの記述に大して、脚注でクリトンの勘違いなどを指摘するなど、芸が細かい。

ただ、それほど面白い作品ではなかった。どちらかと言えば、つまらない方に入る。

ちなみに、読了までかなり時間がかかった。FF13をプレイしてというのが最大の理由。
あと、海外の古典の翻訳風という文になり読書スピードがあがりにくい上、いまひとつ物語が面白くなかったせいもある。
※決して読みづらい文章でないし、文章自体もうまい。

饗宴 ソクラテス最後の事件 (創元推理文庫)
饗宴 ソクラテス最後の事件 (創元推理文庫)
東京創元社 2007-01-30
売り上げランキング : 131655

おすすめ平均 star
starソクラテスの謎解きが、妻が悪妻として後世に語り継がれる原因になるとは
star単なるミステリではない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 最近やったゲーム『ファイナルファンタジーXIII』③ | トップページ | 2009年プレイしたゲームを振り返る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(や行)柳広司」カテゴリの記事

カテゴリー