無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

(2009年読了)ホラー・ファンタジー

木下半太『東京バッティングセンター』

軽妙な語り口で、読むのがとても楽しい。
ただ残念なことに、プロットが面白くない。
(もっと面白くできるはず)
タイトルもいまいちだし。ま、駄作だね。

東京バッティングセンター
東京バッティングセンター
幻冬舎 2009-05
売り上げランキング : 135820

おすすめ平均 star
starシリーズとの「少しのズレ」が面白い
star笑いのセンスどんぴしゃでした

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大石圭『殺人勤務医』

この作品も市橋達也容疑者が所持していたとのこと。
釣られて、読んでみました。

なんだか素人くさい小説だった。
世界各国の墮胎事情・歴史の記述は面白かった。
それだけ。

殺人勤務医 (角川ホラー文庫)
殺人勤務医 (角川ホラー文庫)
角川書店 2002-03
売り上げランキング : 4040

おすすめ平均 star
starSMファンタジー
star最後、エピローグにも好感
star美学

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちなみに、日本では中絶手術は妊娠22週目までに限られている。22週目以前の胎児は自発呼吸ができないということが、その理由の1つらしい。

赤星香一郎『虫とりのうた』

第41回メフィスト賞受賞作品。

賞の受賞作だから当然なのかも知れないが、全体的に素人っぽ過ぎる。
会話文に違和感があった(子供相手にそのセリフはないだろといったものが多い)。
必要以上にいろんな要素を入れてるのもねぇ~(主人公の子供の頃のエピソードなど)。
プロット自体も、さして面白くはない。新しさも何もない。
著者のいう(前ソデ部分)「解明されていない謎」もよくわからん。
基本的にホラーだから、何もかも謎といえちゃう。

まあ、商業小説(ホラー小説)として、十分にありうる出来だとは思う。
だけど、本作が、数多く投稿された小説の中の頂点とは思えない。
もしかしたら、投稿者、選考者(講談社編集)ともどもレベルが低下しているのか?
まったく謎だらけだ(W

虫とりのうた (講談社ノベルス)
虫とりのうた (講談社ノベルス)
講談社 2009-08-07
売り上げランキング : 47068

おすすめ平均 star
star都市伝説が不気味でした
starミステリとしてはイマイチ…けど怖かった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

飯野文彦『バッド・チューニング』

ミステリー的な雰囲気はあるが、いわゆるエンタメ小説ではない。
まあ、ホラーっぽい作品だね(日本ホラー小説大賞の最終選考に残った作品らしい)。
現代的なエログロ、トリップ小説という感じ。
これでもかというくらい、汚い言葉が連続する。
こういうのをやたらと評価したがる人がいるだろうなあ、と思えるような印象は残す。
そういう意味では、本作が出版化され世に出たことは意味があるのかも知れない。そんな不思議な力を持つ作品である。

ちなみに、飯野文彦氏は、ゲームやアニメなどのノベライズで活躍している人だそうだ。

バッド・チューニング
バッド・チューニング
早川書房 2007-08-25
売り上げランキング : 229267

おすすめ平均 star
starとち狂っている。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

真藤順丈『庵堂三兄弟の聖職』

第15回日本ホラー小説大賞、大賞受賞作。

死体を加工していろんなものを造りだす「遺工師」を生業とする兄弟を描いた作品。
遺工師として優秀な職人である長男(独り言が多い)、普通?の次男、自傷&暴力癖のある汚言症の三男。
強烈なキャラたちが織り成すグロテスクな物語だ。

著者の、真藤順丈は『地図男』で、第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞を獲った人。2008年には、あわせて4つの新人賞を獲った注目の人でもある。

この人、デビュー前は、月に1作ペースで執筆してたとのこと。凄いよね。
本格ミステリーのようにトリックやオチが凄いとか、SFのように構造が凄い、といったタイプではない。(本作もそうだが)プロット自体も普通だ。だからこそ、それだけ量産できるんだろう。
とはいえ、どの作品も特異な世界観を提示、そして確かな筆力を感じさせる作品ばかり。
才能がある人なんだろうね。

庵堂三兄弟の聖職
庵堂三兄弟の聖職 真藤 順丈

おすすめ平均
stars再生
stars極上ファミリー
stars遺工
starsなんだろう・・・
starsエポックメイキングな新しいホラー小説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ところで、 ダ・ヴィンチ文学賞大賞といえば、ダ・ヴィンチ編集部がやらかしましたね(8月の話だけど)。「編集部選定・コメント」というクレジットを銘打った「今月の注目本130」とかいうコーナーの原稿を、部分的に外部ライターに書かせていたわけです。で、そのライター、本も読まず、リリースも見ず、ネットで拾った情報などで適当に記事を書いてたのが発覚。記事の内容がまったくデタラメだったとのことで、著者からクレームが付いたそうです。アフォな話ですが、ありがちといえばありがちですけどね。

三津田信三『厭魅の如き憑くもの』

「刀城言耶シリーズ」の第1作。
三津田信三の作品は、以前『ホラー作家の棲む家 』(デビュー作)を読もうとしたことがある。しかし、あまり面白くなくて途中で挫折してしまった。
そのためずっと三津田作品は避けていた。が、この「刀城言耶シリーズ」が大ヒット、大化けしたということで、かなり気になっていた。
「刀城言耶シリーズ」は、三津田信三がこれまでの積み重ねを全力で投入、民俗学の薀蓄などがこれでもかというほど書き込まれた大作、力作である。
今回、文庫版で読んだが、装丁デザイン(および装丁画)が非常によい。また本扉、目次も丁寧なデザインが施されており、購買意欲を起こさせるものとなっていた。

*****
本作は、人間関係および位置関係(地理描写)が非常に複雑である。
巻頭などに、系図(人物相関図)、舞台マップ、家屋見取り図が入っているものの、かなりわかりづらい。
これは、作品の世界観のために意図的になされたものだろう(本作の最大のネタに関わることでもある)。
ただ、読んでいる途中この難解さは、著者の筆力に問題があるのか、単に読者の読解力不足が原因か区別が付かず、読者に「理解の放棄」をさせてしまうことになる。
こういった点が非常にビミョウに感じた。

*****
あと、プロット自体がそれほど面白くない。キャラもいまいち。
また、密室のようなものが登場していても、その設定が甘く抜け道が多数あるように感じたのも残念である。
真相自体もそれほど驚くようなものではなかった。

*****
大作・力作だと思うが、完成度という点では今ひとつな印象は拭えない。
ただ、編集者や読者に「刀城言耶シリーズ」を続けて読んでみたいと思わせるには、十分なクオリティがある作品であることには間違いない。

厭魅(まじもの)の如き憑くもの (講談社文庫)
厭魅(まじもの)の如き憑くもの (講談社文庫)
おすすめ平均
stars綿密な民俗学的調査の下、独自の世界を築きあげた魅惑的作品
stars騙りの妙と多重解決の魅力
stars地図が入りました
starsSAN値がゼロに

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
厭魅の如き憑くもの (ミステリー・リーグ)
厭魅の如き憑くもの (ミステリー・リーグ)
おすすめ平均
stars《刀城言耶》シリーズの第一作
stars読みづらさも怖さのうちか
starsまとわり付く視線
stars民族学とホラーと本格の巧みな融合
stars「蛇」シリーズ?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

山田悠介『自殺プロデュース』

語り手(地の文)が女性というのは、山田悠介の新境地かもしれない(W

設定は悪くないが、ストーリーがいただけない。プロットがまったく練りこまれて無い。
ラストのオチも、<自殺プロデュース>という本作のメインテーマ(ネタ)と絡んでないので、なんだこれ!となる。
前半部分はそれほど悪くなかっただけに、残念だ。

自殺プロデュース
自殺プロデュース
おすすめ平均
stars今からでも遅くはない
stars竜頭蛇尾
stars怖い。
starsえっ……?
stars大傑作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

道尾秀介『鬼の跫音』

小説誌『野生時代』掲載の短編6編を収録。
どれもある程度の水準に達している。
連作というわけではないが、「S」という人物と「鴉」に共通点がある。

鬼の跫音
鬼の跫音 道尾 秀介

おすすめ平均
stars満点の…!!
stars帯が・・・
stars待ってました!
starsただのホラーというわけではなく短編ごとに何かしらミステリのトリックが仕掛けられていた
starsホラーだが、ミステリーの要素強し。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

浅田次郎『地下鉄(メトロ)に乗って』

タイムスリップというSF要素の入った一般小説。
浅田次郎の『鉄道員(ぽっぽや)』 奥田英朗の『 ウランバーナの森』朝倉かすみの『タイム屋文庫』、奥泉光の『鳥類学者のファンタジア』などのようなファンタジーだ。
ラストで歴史が変わる、しかも悲劇的に。そこが大きなポイントだが、何をやりたいのかがわからないともいえる。

冒頭の「すべての地下鉄通勤者に捧ぐ」というのと、銀座線に乗って戦地に向かった若者たちがいたのだ、なんてところはグッと来るものがあった。

ストーリー自体は別にどうってことはないのだが、人物描写の細かさ、表現力の豊かさは、さすが浅田次郎といったところか。
※エンタメ作家の作品を「文章下手」なんて批判する人は、こういう作家の文章を良いと言ってるんだろうね。

地下鉄(メトロ)に乗って (講談社文庫)
地下鉄(メトロ)に乗って (講談社文庫) 浅田 次郎

おすすめ平均
starsメトロに乗って
stars浅田作品に求めるもの
stars浅田ワールド入門には不適切
stars最後にヒロインが消えた、この喪失感をどうしてくれる?
stars家族の絆を描いて、ほろ苦さと切なさが胸に迫ってくるタイムトラベル小説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映画化もされていたのか。

地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション [DVD]
地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション [DVD] 浅田次郎

おすすめ平均
starsおもしろいですよ。
stars戦前から変わらない地下鉄の軌跡を通じて父を理解していく
starsタイムスリップものの「掟」破り
starsうーん・・・
stars過去と心に留めた想いについて多くを語ら、ずひたむきに生きる名演に感動

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓それほど似た小説ではないんだけどね。タイトルが素敵でしょ。

鳥類学者のファンタジア (集英社文庫)
鳥類学者のファンタジア (集英社文庫) 奥泉 光

おすすめ平均
starsジャズ・プレイヤーのあなたにおすすめ
stars〈タイムトラベル〉ものにして音楽SF
stars高密度高速おしゃべりファンタジー
stars最後の最後に良かったと思えた本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

椙本孝思『明日、キャロラインカフェで』

商品の売り文句として「奇妙でせつない青春恋愛ミステリー」とあります。
まあ、その通りです。
ただ、ありがちといったら、ありがちな内容かな。
ストーリーの完成度は低い。
誤字脱字が何箇所かありました。

明日、キャロラインカフェで
明日、キャロラインカフェで 椙本 孝思

アルファポリス 2006-11
売り上げランキング : 476285

おすすめ平均 star
star切ない青春
starすれ違ったままの恋愛の結末が・・・。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー