無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 「ニンテンドー3DS(スリーディーエス)」2011年3月期に発売に | トップページ | 貫井徳郎『後悔と真実の色』 »

乾くるみ『クラリネット症候群』

「マリオネット症候群」と書下ろしの中編「クラリネット症候群」の2編を収録。
「マリオネット症候群」は前に読んだので今回はパス(ストーリーはすっかり忘れてしまっているが)。

「クラリネット症候群」は乾くるみらしい暗号(パズル)モノだった。
暗号は、さすがによく出てきてる。よく考えられているわ。
「ドレミファソラシド」の音が聞こえなくなる「クラリネット症候群」というアイデアも面白い。これが、暗号やネタに直接絡んだらもっと面白かったけど。
ストーリー自体は、いかにも中編らしい程度のものではあるが、十分に練られて創られたという印象を受けた。

どうでもいいが、徳間書店、わざわざ文春文庫にデザインを合わせたのね。ま、いいことかね。

クラリネット症候群 (徳間文庫)
クラリネット症候群 (徳間文庫)
徳間書店 2008-04-04
売り上げランキング : 49539

おすすめ平均 star
star《人格転移》ものと《暗号解読》ものの中篇二編を収録
star内容はともかく
star乾作品としては平凡

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 「ニンテンドー3DS(スリーディーエス)」2011年3月期に発売に | トップページ | 貫井徳郎『後悔と真実の色』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(あ行)乾くるみ」カテゴリの記事

(2010年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー