無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 『モンスターハンターポータブル 3rd』発表! | トップページ | 姜尚中『悩む力』 »

小島正樹『十三回忌』

頑張ってる作品だとは思った。

本作には、複雑な家系と広大な敷地を持つ屋敷が登場するが、家系図と地図が掲載されているため、そのあたり割とすんなり頭に入ってくる。
しかし、「バスの転落の描写」と「仮面館の室内の描写」がとてもわかりにくい。これらは、トリックと直接結びつくが故に、本作にとって致命的な欠点だ。
そこそこ面白いのは間違いない。どんでん返しにも驚いた(やや反則気味に感じる部分もあるが)。
不可能犯罪について、ハウダニットとホワイダニットの両方がきちんと説明されている。
しかし、前述した点、またアリバイがアバウト過ぎる点など、終盤残念に感じる部分が多く、読後感はあまりよくなかった。
(そういや、なぜ○回忌のタイミングで殺人を犯し続けていたのか、の説明はなかったな)

十三回忌 (ミステリー・リーグ)
十三回忌 (ミステリー・リーグ)
おすすめ平均
starsぬぉっ!なんだこの展開は!
starsそのトリックにやられた!!
stars娯楽として楽しむ本
stars本当に島田荘司さん絶賛したの?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 『モンスターハンターポータブル 3rd』発表! | トップページ | 姜尚中『悩む力』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2010年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(か行)小島正樹」カテゴリの記事

カテゴリー