無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 浦賀和宏『女王暗殺』 | トップページ | こういうコラボはいいよね。 »

[ドラマ感想] 「世にも奇妙な物語20周年スペシャル春・人気番組競演編」

2010年4月4日放送。フジテレビの番組とのコラボ企画。
自社コンテンツを指して「人気番組」と堂々と言ってのけるあたり、さすがフジテレビ様です。

近年、クオリティの劣化が激しい「世にも奇妙な物語」だが、今回も相当ひどい有様だった。せめてネタ被り(死の宣告、夢オチ)くらいは回避しろよ、と思う。

以下、一言感想。

『ニュースおじさん、ふたたび』……原案・大場惑 脚本・保田良太
定型的セリフ、しょぼいCG。バレバレすぎるオチ。「おばさん」を強調していたのですぐわかる。
評価D

『ナデ様の指輪』……脚本・大久保ともみ
死ぬ前に一時的に幸福になるという設定の意味がわからない。
オチがひどいというか、そもそもオチになってない。
潮田玲子の大根っぷりには笑った。
評価E

『もうひとりのオレ』……脚本・丸茂周
設定自体は面白いけど、シナリオがつまらない。『ナデ様の指輪』と被ってるし。
評価D

『まる子と会える町』……脚本・正岡謙一郎
現実の世界で、西田敏行がアニメ化されていたのは面白かった。西田の演技もいい。
あと、幼女が可愛かった(ヤマハ音楽教室のCM幼女の方がかわいいが)。
それだけ。
物語性が皆無。すべてが唐突。意味不明。
評価D

『台詞の神様』……脚本・三谷幸喜
ただの番宣(『我が家の歴史』)。フジとしてはこれだけがやりたかったんでしょう。
三谷幸喜は、たまにとんでもない大外しをするが、これは本当にひどかった。
30分で適当に書いたような脚本。放送レベルに達してないのでは?
評価E

世にも奇妙な物語 2009秋の特別編 [DVD]
世にも奇妙な物語 2009秋の特別編 [DVD]
ポニーキャニオン 2010-02-17
売り上げランキング : 9765

おすすめ平均 star
star秋の特別編
starアタリ3、並1、ハズレ1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 浦賀和宏『女王暗殺』 | トップページ | こういうコラボはいいよね。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

○[ドラマ感想]」カテゴリの記事

カテゴリー