無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 天祢涼『キョウカンカク』 | トップページ | 二宮敦人『!(ビックリマーク)』 »

西澤保彦『こぼれおちる刻の汀』

ただのゴミ。

最初、西澤SFキターということで、喜んでいた。
物理法則が違う異星人との接触って、スゲー面白そうって!
が……
途中、何度読むのをやめようとしたことか。
壁投げしたくなるほど。
あまりのつまらなさ、ひどさに、終盤は読み流した。

あとがきによると、本作は、20年以上前に同人誌に発表した作品、公募に応募して1次落ちした作品を再構成したものとのこと。『マリオネット・エンジン』もそうだったが、こういうのは本当につまらない。
もちろん、作家歴20年のプロだから、それなりに加筆・修正して、調整は図ってるんだろうけど……。

加えて読者に不快感を与えるのが、いつもの変な恋愛観というか、レズ描写。
ホント、時間の無駄だった(金の無駄、資源の無駄)。

西澤さんは大好きな作家だったけど、さすがに見限ることにした。

講談社もこんなもの発売するなよ。メフィスト編集部は、最近どうかしてるね。
(西澤保彦レベルの作家に、デビュー前の作品に価値があるか?)

こぼれおちる刻の汀
こぼれおちる刻の汀
講談社 2010-03-30
売り上げランキング : 102948


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 天祢涼『キョウカンカク』 | トップページ | 二宮敦人『!(ビックリマーク)』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(な行)西澤保彦」カテゴリの記事

(2010年読了)SF」カテゴリの記事

(2010年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー