無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 今邑彩『時鐘館の殺人』 | トップページ | 深水黎一郎『五声のリチェルカーレ』 »

飴村行『粘膜兄弟』

「粘膜」シリーズ第3弾。
『粘膜人間』『粘膜蜥蜴』同様に、読み手を選ぶ。
私はとても楽しめた。ギャグも笑えた。

ヘモやんが富蔵と被っており、3作目にしてすでにマンネリ。また、構成やオチもワンパターン化してはいるが、読んでいる最中楽しいので問題なし。
※ヘモやん最高!ヘモやんVS富蔵みたいのあったら、面白いかも。

私は、基本的にラスト(オチ)に最大の楽しみを求めて、読書を行っている。
「途中」があまり面白くなくても、最後がよければ良しとする部分がある。
実際のところ、「途中」が面白いという作品は少ない。
本作のように読むこと自体(=「途中」)を楽しめる作品は貴重である。
そういう意味からも、高く評価したい。
飴村さんは、一生付いて行きたいと思える作家だ。
これ、漫画にしても面白いだろうね。

ちなみに、本作では『粘膜人間』『粘膜蜥蜴』と世界設定を共有している。これから「粘膜」シリーズを読むという方には、刊行順に読むことを推奨する。
※少なくとも、『粘膜蜥蜴』は先に読んでおいたほうがよい。

どうでもいいが、ラストの「目から光が消え」というのがひっかかった。言いたいことはわかるのだが。

粘膜兄弟 (角川ホラー文庫)
粘膜兄弟 (角川ホラー文庫) 飴村 行

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-05-25
売り上げランキング : 39564

おすすめ平均 star
star続編楽しみ
star銃を撃ちたかったら弾を込めよ !
star粘膜ファンを裏切らない3作目

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 今邑彩『時鐘館の殺人』 | トップページ | 深水黎一郎『五声のリチェルカーレ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2010年読了)ホラー・ファンタジー」カテゴリの記事

(あ行)飴村行」カテゴリの記事

カテゴリー