無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 中町信『自動車教習所殺人事件』 | トップページ | 霧舎巧『十一月は天使が舞い降りた見立て殺人』 »

山口芳宏『学園島の殺人』

「島」シリーズ第2弾。
※この人、なかなか執筆速度が早い。しかも分厚い。

さて、山口さんの作品はずっと追いかけてきてるわけだが、これは良くないね。壮大な失敗作ですな。
いつものごとく、事件発生までが長い。この部分に面白みを感じる人もいるだろうから、否定はしないが、長すぎるのも考えもの。

それはさておき、解決編(第五章)が本当にガッカリな内容だった。
島の仕掛け自体はなるほどな~、よく考えたなあ~と思う。
しかし、「だから何?」としか言いようがない。
モノレールの上の銅管とか、電車の停車位置とか、確かにきちんと描かれてはいるけど、読者からすれば何もかもが大味すぎて、真相が明かされても気持ちよくない。
以下については、よくわからん(説明されていること&説明がつくこともあると思うけど)。
・真野原が「大地のへそ」を特定できる前提になっているのは?
・タカシらはなぜ「大地のへそ」に向かった?
・葉子が「大地のへそ」に来るって何故わかる?
・葉子が見た生首って誰の首?中田なの?
・なんで谷川の首は回収しなかった?
・結局、犯人は、誰というか、どうなった?
・王女が浄化の鍵を持つ意義は?
・なんで犯人は、東京まで葉子を泳がせた?
・中田の特定無理ない?
・病院が意味ありげでまったく意味がないのは?
ネットの感想とかみると、このあたりの突っ込みがまったくないけど、単に私が馬鹿なだけか(W

あと、島の設定がグチャグチャなのも×。
・住人は基本的に関係者のみ。
・人口4万人。
・スラムみたいなところもある。
・駐在はいない。
・しかし、何かあれば、住人は警察や救急車を呼ぼうという発想がある。
リアリティがなさすぎるというか、全然整理されてないよね(こういうことのリアリティは重要でしょ)。
終盤は、人物が増えすぎるのも気になった。

山口さんらしいアイデアとか、ストーリーテリングはとてもいいと思う。

ところで、講談社は、どうしてこんな装丁画を発注したのだろう?
少女の半裸というとんでもないイラストである。ネタバレだし。
相変わらず売れてないみたいだが、これじゃあますます売れないじゃないか!
講談社のメフィスト&ノベルス編集部は、壊れてしまったのか?

※P495で、タカシらはロープで後ろ手に縛られてるのに、どうやって1階分のハシゴを降りたのでしょう?

学園島の殺人 (講談社ノベルス)
学園島の殺人 (講談社ノベルス)
講談社 2010-02-05
売り上げランキング : 173069

おすすめ平均 star
star自由奔放!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 中町信『自動車教習所殺人事件』 | トップページ | 霧舎巧『十一月は天使が舞い降りた見立て殺人』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(や行)山口芳宏」カテゴリの記事

(2010年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー