無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『ラストランカー』(PSP) | トップページ | 今邑彩『「通りゃんせ」殺人事件』 »

曽根圭介『あげくの果て』

表題作ほか3編を収録。
1本目「熱帯夜」はカットバックと思いきや、実は叙述というよくあるパターン。内容的にも今ひとつ。デビュー作『鼻』が凄かっただけに、う~むという感じだった。
しかし、2本目「あげくの果て」と3本目の「最期の言い訳」はなかなかの出来。いずれも、オチが残念だったが。それに、『鼻』を読んだ人ならば、「最後の言い訳」のトリックには早期に気づいてしまうのも欠点か。同じ手法はダメだね。

あげくの果て
あげくの果て 曽根 圭介

おすすめ平均
stars妄想・狂気
stars斬新な世界観
stars面白かった!のだが、気分が・・・
stars気がつけば著者の罠に嵌っていた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 最近やったゲーム『ラストランカー』(PSP) | トップページ | 今邑彩『「通りゃんせ」殺人事件』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2010年読了)SF」カテゴリの記事

(2010年読了)ホラー・ファンタジー」カテゴリの記事

(2010年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(さ行)曽根圭介」カテゴリの記事

カテゴリー