無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 今邑彩『「通りゃんせ」殺人事件』 | トップページ | 今邑彩『そして誰もいなくなる』 »

今邑彩『金雀枝荘の殺人』

ボチボチの出来とでもいおうか。悪くはないが……。
笠原三江というキャラの存在意義、なぜ○されたのかもよくわからんのが残念。
トリックもいまいち(動機面はそこそこよかった)。タイトルもいまひとつ。
あの人物とあの人物の顔が似ていたというのは、彼らの母親がじじいと似ていたってことだよね。すごい偶然だと思うのだが……。

ところで、本書(文庫版)の巻頭には館の見取り図と系図が掲載されている。
しかし、「館もの」というほどでもないので、見取り図は不要。
系図などはあったほうがよいが、アレなのがちょっと……。

文庫版には「著者のことば」なるものがないのだが、それを受けた「あとがき」をそのまま掲載するというのはどういうことよ?
※私が手にした図書館本は、「著者のことば」が落丁してるのか?

金雀枝荘の殺人 (講談社文庫)
金雀枝荘の殺人 (講談社文庫) 今邑 彩

おすすめ平均
stars良く出来た「館もの」
stars珠玉の作品
starsネバーエンディングストーリー。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
金雀枝荘の殺人 綾辻・有栖川 復刊セレクション (講談社ノベルス)
金雀枝荘の殺人 綾辻・有栖川 復刊セレクション (講談社ノベルス) 今邑 彩

おすすめ平均
stars女流作家サン♪
stars派手ではないけれど・・・
stars傑作
stars古風
starsちょっと

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 今邑彩『「通りゃんせ」殺人事件』 | トップページ | 今邑彩『そして誰もいなくなる』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2010年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(あ行)今邑彩」カテゴリの記事

カテゴリー