無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『クロヒョウ 龍が如く新章』(PSP) | トップページ | PSPのシミ拡大中 »

北森鴻『顔のない男』

独特の空気感を持った作品だった。それはいい。
ただ、いまいち。私的には×。
それほど長い作品でないのに、事件や登場人物が多すぎてゴチャゴチャになる。
基本的に、刑事(又吉)中心に物語が描かれるが、いろんな人物の視点が混ざっており、ゴチャゴチャになる。
読者に対する、又吉が知りえたことの情報の出し方、また又吉がコンビの原田と情報を共有していないような事情からゴチャゴチャになる。
(又吉がコンビの原田と情報を共有していないことと、事件発生の偶然というかタイミングの良さから、読者は真犯人の正体がすぐにわかる)
それで、だんだん読むのが嫌になってきた。最後まで読んだけど、何がなんだかさっぱり理解できなかった。頭がまわらん。
あのノートとか、空木(本物)とか……。

顔のない男 (文春文庫)
顔のない男 (文春文庫) 北森 鴻

おすすめ平均
stars収束する世界
stars隠された秘密
stars続きが気になる
stars読後、すっきりするような後味が悪いような
stars一押しです、お買い得です!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 最近やったゲーム『クロヒョウ 龍が如く新章』(PSP) | トップページ | PSPのシミ拡大中 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2010年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(か行)北森鴻」カテゴリの記事

カテゴリー