無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『TRICK×LOGIC(トリックロジック) Season2』(PSP)④ | トップページ | 北森鴻『顔のない男』 »

最近やったゲーム『クロヒョウ 龍が如く新章』(PSP)

一気にプレイして28時間ほどでクリア(4日間ほどやりまくり)。
そこそこ面白かった。
マンネリ化してしまった内容に、どう工夫してきたかが、最大のポイントとなる。
(マンネリでもビジネスとして成立している。「5」は神室町が崩壊しているので、広告的にどうなの?と心配)
また、本作は携帯機をプラットフォームとして選択している。このあたりも本作の評価のポイントである。以下、項目ごとに記す。

■システム
●(仕方ないことだが)マップが固定カメラになったのは残念。昔のバイオやFFのような操作感なわけだが、操作しづらいことこの上なし。走る方向間違えて、雑魚や警官と接触なんてことが多く、ストレスがたまった。
●能力UPに金を払わせるというのはどうかと。金の消費が半端でない。また、いちいち道場に移動するのも面倒。
今回、8話くらいでレベルがカンスト(LV30)。その一方で、金を払う能力UPは、上限LV30に対して、クリア時でもLV20前後であった。ちょっとバランスおかしくない?
●マップが縮小されているとはいえ、走りまわるのは大変。タクシーがないのは痛かった。
●サブストーリーの発生箇所に「?」マークがつくのは評価できる。発見の楽しみはないが、見逃してショックを受けるよりはまし。またサブストーリーでベストな選択をせずとも、「終」マークがつかず、きちんと「完」マークがつくのはよい。サブストーリーのリストはナンバリングしてほしかった。
●ミニゲームをシンプル化し、難易度を下げたのは評価できる。ただ、一部ダブっていたのと、単に連打するだけとか、になっていたのは残念。そうそうバッティングセンターは、やたらと難しかった。球が見づらい。
●電話ボックスでも、アイテム整理などをしたかった。

■戦闘(難易度Normalでプレイ)
●序盤はかなり戸惑い、手こずったが、慣れると面白い。とはいえ、PSPのキー操作はきつい。
●今回導入された「怪我」や「スタミナ」の概念はビミョウ。難易度Normalなら、あまりガードに頼らず、スウェイで対処すればよい。「怪我」はボス戦などの長期戦では、ちょっと気になったが、雑魚戦などではほとんど無視した。必殺技など、一部の攻撃がやたらと強いものもあり、比較的楽にクリアできた。
●上述したレベルの件だが、クリア後にはLV50、能力もLV50まで上げられるようになる。これはあまり意味がないような気がする。
●道に落ちているものの種類が少ないのは残念。電飾の看板とか拾えないのなら、表示するなよ。
●「スタイル」は悪くないが、熟練度稼ぎが大変。カンストにも気をつかう必要あるし。
※神室町最強ランキングで上げようとしたのだが、一度倒した敵は、経験値も熟練度も入手できない仕様となっていた。
※クリア後の「ボスランキング」(ボス10戦)だけど、嶋がきつかった(レバーブロー食らったら即死するし)。ただ、その後の親父もキツイ。ちなみに、親父撃破後、雑魚3匹に囲まれて負けてしまった。無敗神話が……。「純金の疫病神」のせいか、雑魚のくせにやたらと強かった)。新城は楽勝。

■ストーリー
●無難にまとまっている。プロの仕事という感じがした。さすがといえる。スクエニのRPGのシナリオとは雲泥の差がある。複数の謎を配置し、ストーリーを構築。最終的にはベタな展開になるけど、うまく纏め上げている。教師やタクシー運転手などのエピソードも悪くない。
●ただし、以下疑問など。
・「数年前からガサ入れ頻発→(ドラゴンヒートのシステム変更)→(最近)東城会の会合で責め立てられている→鷲尾との密約」という部分だが、本編で示された情報だけでは、時系列できちんと整理できない。
・龍也による戸田襲撃後の九鬼と戸田の関係がよくわからない。二人は仲が悪い用に描かれていた。しかし、ドラゴンヒートを一緒に観戦したともある。九鬼と戸田は、双方の動きをどこまで認識、把握していたのか?
・雨宮泰山は、龍也と戦う必要性があるのか?内通者である自分を守るためか?このあたり、いま一つ説明が弱い。まあ、お約束だからともいえる。
・ハンカチの持ち主は鶴見だが、これは鶴見が戸田殺人実行犯ということ?それともハメられたのか?また、最後鶴見と話していた人物は誰なのか?

■その他

●本作ではイベントシーンに、ムービーでなく、劇画(マンガ)のような演出を採用。新機軸を出す意味でも、コスト削減という意味でも、効果がある。ただ、その結果として誰が話しているのかが、把握しづらいことがあったのが、残念。スキップできないのはもっと残念。中途半端な早送り機能なんてつけるなよ(クリア後はスキップできる)。
●声の出演者たちはなかなか頑張っていたと思う。
●主人公のDQNのほか、キャバ嬢がブサイクすぎる。妙にリアルなブサイク加減が、本シリーズの味ともいえる。だけど、キャバ嬢の一部はちょっとひどすぎるのではないか?
●ユーザーの中に、キャバクラを求めている人がどれだけいるのだろうか?
●タイトル画面で「未成年の喫煙うんぬん」という注意書きを入れてまで、タバコを吸うシーンをいれたのは何故?あまり意味ないと思うが。
●キャバクラで酒がメニューにないのには笑った。一応メニューにはいれて、未成年はダメでしょ、と説教される演出があったも良かった。
●街マップとバトルとで、キャラグラが異なるのがあった(街アップではおっさんなのに、バトルでは若者っぽとか)。バトルのキャラグラの数が少ないのか?使い回しっぽい。

全体として本編のLite版という印象を受けた。まさに携帯版「龍が如く」である。
多少の不満もあるが、十分に楽しむことができた。
おそらく、近いうちに続編が出るだろう。今回の問題点を洗い出し、改善してもらいたい。そして、さらなる良作をリリースしてほしいと思うところだ。

クロヒョウ 龍が如く新章
クロヒョウ 龍が如く新章
おすすめ平均
stars面白い。
starsPSPの中なら良ゲー
starsキャバクラ飽きたわ
starsキャバクラいらん。
stars期待していたけれども

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 最近やったゲーム『TRICK×LOGIC(トリックロジック) Season2』(PSP)④ | トップページ | 北森鴻『顔のない男』 »

ゲーム」カテゴリの記事

○最近プレイしたゲームの感想」カテゴリの記事

カテゴリー