無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 折原一『冤罪者』 | トップページ | 最近やったゲーム『TRICK×LOGIC(トリックロジック) Season2』(PSP)⑥ »

柴田よしき『ゆきの山荘の惨劇―猫探偵正太郎登場』

※『柚木野山荘の惨劇』を改題。

う~ん、私には合わなかった。
はっきり言って、全然面白くなかった。
この人の作品は初めてだったが、素人に毛の生えた程度に感じてしまった。

平易な割に読みづらい文章。ページを繰るスピードが上がらない。
無個性な登場人物(しかも、似たような名前ばかり)が出過ぎ。
つまらないプロット。謎に魅力がない。

猫の一人称というのが本作の売りなのだろうが、そこに面白みを感じられなかった。
本作では、猫が人間界のこと(会話、文字など)を理解できるが、その「理解の程度(の設定)」がアバウトなのもどうかと(本作最大のネタに触れる部分なので、自粛)。
最後の100ページは、読み流した。

ゆきの山荘の惨劇―猫探偵正太郎登場 (角川文庫)
ゆきの山荘の惨劇―猫探偵正太郎登場 (角川文庫) 柴田 よしき

おすすめ平均
stars猫好き必読の面白さ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 折原一『冤罪者』 | トップページ | 最近やったゲーム『TRICK×LOGIC(トリックロジック) Season2』(PSP)⑥ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(さ行)その他」カテゴリの記事

(2010年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー