無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 森博嗣『そして二人だけになった』 | トップページ | 辻真先『ローカル線に紅い血が散る』 »

道尾秀介『光媒の花』

小説誌連載の短編からなる、連作集。
道尾作品というと、どんでん返しものが多いが、本作はいたってストレートな内容。というか、ミステリー要素は薄い。
「性」が絡むのが多かったのが気にはなったが、こういう作品、私は好きだね。
読み終えて初めてタイトル(表題)の意味がわかる、という仕掛けはいいね。

光媒の花 光媒の花
道尾 秀介

集英社 2010-03-26
売り上げランキング : 37676

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 森博嗣『そして二人だけになった』 | トップページ | 辻真先『ローカル線に紅い血が散る』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(ま行)道尾秀介」カテゴリの記事

(2010年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(2010年読了)一般小説」カテゴリの記事

カテゴリー