無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 七河迦南『アルバトロスは羽ばたかない』 | トップページ | 折原一『七つの棺―密室殺人が多すぎる』 »

越前魔太郎『魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV』

越前魔太郎『魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV』
「魔界探偵冥王星O」シリーズの1冊。

序盤はなかなか引き込まれる。人体楽器というグロい雰囲気はなかなか良い。
ただ、途中からアクションというか、対決シーンの繰り返し(都合3回)になり、謎解き的要素がなかったのが残念。
まあ、楽しめたけどね。

なお、著者名の越前魔太郎は、舞城王太郎の原作小説の映画作品に登場する作家の名前。映画のプロモーション企画ですな。
また、1人ではなく、8人の作家で構成されている。つまり、競作というか、リレー小説だったというわけ。
ちなみに、本作は、会話文をまったく改行しないという独特のスタイルだった。
誰かの癖なのか、本作独自のスタイルなのか、それともシリーズ通してのスタイルなのか、わからない。

魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV (講談社ノベルス) 魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV (講談社ノベルス)
越前魔太郎

講談社 2010-04-07
売り上げランキング : 211434

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 七河迦南『アルバトロスは羽ばたかない』 | トップページ | 折原一『七つの棺―密室殺人が多すぎる』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2011年読了)SF」カテゴリの記事

(2011年読了)ホラー・ファンタジー」カテゴリの記事

(2011年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(2011年読了)ライトノベル」カテゴリの記事

(あ行)越前魔太郎」カテゴリの記事

カテゴリー