無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『十次元立方体サイファーPORTABLE』(PSP) | トップページ | 2011年本屋大賞『謎解きはディナーのあとで』に決定 »

小島正樹『扼殺のロンド』

密室、奇想天外な遺体、ややこしい謎の家系が登場。そして、フーダニット、ハウダニット、ホワイダニットを提示する「問題編」ともいうべき部分は、悪くはない。
しかし、「解答編」ともいうべき最終章が残念な出来。
一生懸命考えたのだろうが、素人っぽさが抜け切れてないというか……。
ネタバレなので詳細は避けるが、司法解剖でわかるだろ!とかいう突っ込みも入れたくなることがあった。まあ、それは良い。
ただ、アリバイをいとも簡単に崩しすぎ(いい加減なアリバイを確固たるものに見せかけ、やはりいい加減なものでした的な)。それに、偶然も手伝っての数々の不可思議な現象と真犯人との関わり方が不自然。ご都合主義すぎ。よくわからん部分もあるし。
何故このタイミングで事件が発生したのか?の説明もない。
密室構成(と犯人の動き)の説明もわかりづらかった(機械的トリックというのも、なんだか)。
タイトルが意味不明というか、ミスマッチなもの気になる。確かに扼殺は登場するが……。
あと、プロローグは不要だと思う。ミスリードのつもりかも知れないが……。

この内容で、京極夏彦あたりが全部を書きなおしたら、すごい傑作になるんだろう、と思う。著者の筆力不足、経験不足を感じた残念な作品だった。

扼殺のロンド (ミステリー・リーグ) 扼殺のロンド (ミステリー・リーグ)
小島 正樹

原書房  2010-01-25
売り上げランキング : 131140

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 最近やったゲーム『十次元立方体サイファーPORTABLE』(PSP) | トップページ | 2011年本屋大賞『謎解きはディナーのあとで』に決定 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(か行)小島正樹」カテゴリの記事

(2011年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー