無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 2011年本屋大賞『謎解きはディナーのあとで』に決定 | トップページ | 山田正紀『日曜日には鼠を殺せ』 »

深水黎一郎『ジークフリートの剣』

最近、集中力がないというか、飽きっぽくなっている……というのもあるけど、この本挫折しかけた。
あまり面白くない。せっかくハードカバーで出してもこれじゃあ話題にもならんぞ。
***
深水さんの西洋芸術への通暁っぷりというのは、本作でも十分に発揮されている。
本作はオペラ(ワーグナー)がテーマ。
ただ、私はオペラ好きではあるが、ちょっと専門的な話が多くて辛かった。
劇中で解説が入るとはいえ、『ニーベルングの指環』の筋自体を知らないとついて行けない読者もいるのでは?
ラストもそれほど意外性はあるとはいえなかった(タイトルの意味がはっきりする形にはなったけど)。
とにかくミステリー的な要素が少なすぎる。これはこういう位置づけの作品かも知れないが……。
プロット自体を見直すというか、短編小説として再構築したほうが良いのではないだろうか?と私は思う(売るためにはね)。

ジークフリートの剣 ジークフリートの剣
深水 黎一郎

講談社  2010-09-30
売り上げランキング : 336242

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 2011年本屋大賞『謎解きはディナーのあとで』に決定 | トップページ | 山田正紀『日曜日には鼠を殺せ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(は行)深水黎一郎」カテゴリの記事

(2011年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー