無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 望月守宮『無貌伝 ~人形姫の産声~』 | トップページ | 最近やったゲーム『ニーア レプリカント』(PS3) »

京極夏彦『厭な小説』

小説雑誌連載の短編連作集。
短編の1つ「厭な扉」は、『世にも奇妙な物語』でドラマ化もされた。
どの作品も、基本的にオチがない(オチがあるようでない)。結局ホラーでわけのわからないまま終わるというパターン。
まあ、雰囲気自体は悪くないし、小説としてそれなりの出来ではあるが……。
ミステリー作家がこの手のものを書くことに、賛否はあるとおもう。

厭な小説 厭な小説
京極 夏彦

祥伝社  2009-05-14
売り上げランキング : 67229

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 望月守宮『無貌伝 ~人形姫の産声~』 | トップページ | 最近やったゲーム『ニーア レプリカント』(PS3) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(か行)京極夏彦」カテゴリの記事

(2011年読了)ホラー・ファンタジー」カテゴリの記事

カテゴリー