無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 9月の大作ラッシュについて | トップページ | 我孫子武丸『さよならのためだけに』 »

今邑彩『ルームメイト』

昨年、朝日新聞の書評で取り上げられたとかで、突然売れまくった作品。

このストーリー展開でどうページを持たせるのか?と思いながら読んだ。
二重に仕掛けられたミスリードの企みはバレバレではあるが、全体としてよろしいのでは?

ただ、モノローグ4(の最後の部分)が理解できなかった。

(以下ネタバレ注意)

晴海の中に、男(謙介)の人格が生まれたということか? しかし、「同じ顔、肉体を持つ」という表現がある。ここがわからない。

ルームメイト (中公文庫) ルームメイト (中公文庫)
今邑 彩

中央公論新社  2006-04
売り上げランキング : 72334

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 9月の大作ラッシュについて | トップページ | 我孫子武丸『さよならのためだけに』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(あ行)今邑彩」カテゴリの記事

(2011年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー