無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 山口芳宏『100人館の殺人』 | トップページ | 朱川湊人『オルゴォル』 »

友成純一『狂鬼降臨』

2009年に刊行された、中・短篇集。
80年代90年代の発表された作品が多い。

エログロである。
どの話も、「性描写と惨殺のミックス」→「死ぬことのない体になる」みたいのばかり。
まあ、友成純一作品にストーリー性やオチを求めてはいないが。
(とはいえ、本作の短編は比較的マシなほうか?)

ちなみに、日野日出志の『恐怖!ブタの町』のようなエピソードがあった。
本作みたいなのも、マンガだといい感じになりそう。ただ、性描写があるからねえ。

狂鬼降臨 (ふしぎ文学館) 狂鬼降臨 (ふしぎ文学館)
友成 純一

出版芸術社  2009-02
売り上げランキング : 67766

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 山口芳宏『100人館の殺人』 | トップページ | 朱川湊人『オルゴォル』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2011年読了)SF」カテゴリの記事

(2011年読了)ホラー・ファンタジー」カテゴリの記事

(た行)友成純一」カテゴリの記事

カテゴリー