無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« アゴタ・クリストフ『悪童日記』 | トップページ | 続・最近やったゲーム『テイルズ オブ エクシリア』(PS3)
ブンジンエドヤ! »

×××挫折×××古橋秀之『ブラックロッド』

第2回電撃ゲーム小説大賞作。
全体の2/3ほど読んだが、時間の無駄というか、読み進めるのが苦痛となり中座。
なんだか、ゲームやアニメに詳しい高校生が大学ノートの書いた小説を、読んでいるような気分になった。商業出版物としてどうなの?これ(W

序盤から専門用語の羅列、いきなりすぎる急展開。厨二病炸裂しすぎ。
人に読ませることを考えていない(読者無視)で、著者が自分の中だけで満足している(オナニー)という印象すら受けた。まあ、こういうのが好きな人もいるんだろうけど。
それでもある程度プロットは追えるので、無理して読み進めたのだが……。
これが大賞になったというのは、よほど忍耐力のある下読みさんに当たったんですね。

著者の妄想力、語彙力、世界観構築力(筆力とはちょっと別)、表現力は、高く評価できるのかも知れない。大賞となったのも、そこを見出されたのかも知れない。
実際のところ、そこそこの人気作家になっているので、本作が電撃ゲーム小説大賞というのは成功といえるのだろう。

ブラックロッド (電撃文庫) ブラックロッド (電撃文庫)
古橋 秀之 雨宮 慶太

メディアワークス  1997-04
売り上げランキング : 366015

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« アゴタ・クリストフ『悪童日記』 | トップページ | 続・最近やったゲーム『テイルズ オブ エクシリア』(PS3)
ブンジンエドヤ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2011年読了)ライトノベル」カテゴリの記事

カテゴリー