無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 池上彰『伝える力』 | トップページ | 絶対読んで損なし
梅原克文『ソリトンの悪魔』『二重螺旋の悪魔』 »

誉田哲也『感染遊戯』

短編3本+中編1本という構成だが、全体がつながっているので単行本化するにあたり、「章」をつけるなどすべきだったと思う。
正直、短編3本を読んだ段階はイマイチという印象しかなかった。しかし、最後に中編によりグッと面白くなる。
表題の「感染遊戯」の意味に、なるほどと唸る。
ただ、作品の性質上仕方ないのが、登場人物が多すぎてちょっとうんざり(他の誉田作品に登場する警察官も出てるかも)。
また、キャラクター性とはいえ、汚い言葉遣いをするキャラ(勝俣)はどうかと。
あと、これも作品の性質上仕方ないけど、ここまで公務員批判をしなくても良いのではと思う部分も。著者自身が公務員が嫌いなのかな、と思ってしまう。外務省って本当にそんなにひどいとこなのかい?
ちなみに、公務員殺害事件のいくつかは、実際に起こった事件をインスパアしてるのもあるかと。

感染遊戯 感染遊戯
誉田哲也

光文社  2011-03-19
売り上げランキング : 5368

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 池上彰『伝える力』 | トップページ | 絶対読んで損なし
梅原克文『ソリトンの悪魔』『二重螺旋の悪魔』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(は行)誉田哲也」カテゴリの記事

(2011年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー