無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 森博嗣『人形式モナリザ Shape of Things Human』 | トップページ | 梅原克文『心臓狩り①移植された悪夢』 »

森博嗣『月は幽咽のデバイス The Sound Walks When the Moon Talks』

Vシリーズ第3弾。
なんだか、1作目とそれ以降では、紅子のキャラが変わっているような気が…。1作目では、単なるマッドサイエンティスト(ただし、元お嬢様)という印象だったが、気のせいか。
さて、本作は、事件発生までが長いのと、建物の構造(の描写)がわかりにくいのが難点か。
(図面なんかつけると、ネタがわれるからなあ~)
あと、桜井が、あそこまで暴力的な行動をとる理由がよくわからなかった。

月は幽咽のデバイス (講談社文庫) 月は幽咽のデバイス (講談社文庫)
森 博嗣

講談社  2003-03-14
売り上げランキング : 32974

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 森博嗣『人形式モナリザ Shape of Things Human』 | トップページ | 梅原克文『心臓狩り①移植された悪夢』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(ま行)森博嗣」カテゴリの記事

(2011年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー