無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『新・光神話 パルテナの鏡』(3DS) | トップページ | ロバート・J. ソウヤー『ホミニッド-原人』 »

貫井徳郎『新月譚』

本作はいわゆるミステリー(何らかの事件の謎を解明していくようなもの)ではない。
ただ、冒頭に「断筆の理由」という謎を掲げているので、ある種のミステリーといえないこともない。
本作では、ある女性作家(咲良怜花)の半生が淡々と描かれている。そのため、前半はやや退屈気味に感じた。それでも、主人公(和子)が作家として成功していくあたりからは、物語にグッと引き込まれる。怜花と木之内(←こいつ凄い)の物語を、ずっと読んでいたいと思わせるほどだ。このあたりは、さすが貫井さんといったところ。残念なのは、ラストにガッツーンと何か来るのかなと思いきや、思ったより普通に終わってしまったところ。まあ、これはこれで良いのかなと思わないではないが、できればもう少しパンチの効かせてほしかった。とはいえ、読み応えのある面白い作品であることは保証できる。
ちなみに、数カ所誤植?と思われるものがあったのが気になった(「容姿」のこと「様子」と書いてない?)。

新月譚 新月譚
貫井 徳郎

文藝春秋  2012-04
売り上げランキング : 6940

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 最近やったゲーム『新・光神話 パルテナの鏡』(3DS) | トップページ | ロバート・J. ソウヤー『ホミニッド-原人』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(な行)貫井徳郎」カテゴリの記事

(2012年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(2012年読了)一般小説」カテゴリの記事

カテゴリー