無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 西村寿行『呑舟の魚』 | トップページ | 天祢涼『空想探偵と密室メイカー』 »

綾辻行人『奇面館の殺人』

「館」シリーズ第9作。
結構面白かった。読みやすいしね。
事件そのものの推理の展開、そして終盤明らかになる本作最大の仕掛けには圧巻。
800枚超(プロット3ヶ月、執筆1年3ヶ月)だが、すいすい読める分小ぶりな印象は残る。
館自体に大きなトリックがなかったのは、ちょっと残念だった。

以下、ささやかな疑問(ネタバレ注意)。
犯人は、隠し通路に、祈りの仮面を投げ入れてはダメだったのか?
犯人は、祈りの仮面の鍵の機能を知っていてもよさそうなのに……。

奇面館の殺人 (講談社ノベルス) 奇面館の殺人 (講談社ノベルス)
綾辻 行人

講談社  2012-01-06
売り上げランキング : 9734

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 西村寿行『呑舟の魚』 | トップページ | 天祢涼『空想探偵と密室メイカー』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(あ行)綾辻行人」カテゴリの記事

(2012年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー