無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« ×××挫折×××ヨラム・バウマン『この世で一番おもしろいミクロ経済学』 | トップページ | 貴志祐介『鍵のかかった部屋』 »

深木章子『鬼畜の家』

第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作。
なかなか面白かった!
本作では中盤に程度情報が出揃う。後半の展開に興味をそそられたが、前半とあまり変わらない内容に少し退屈になりかけた。ただ、終盤にまさかの展開が……。
巻末の収録された島荘の選評にあるように、精緻に作られた職人の時計という印象。しかし、どこかで見たようなストーリーであることも事実。ただ、元弁護士というだけあって、法律や医学の知識も凄い。60歳を過ぎた女性とは思えない筆致には、十分な評価に値するのではないだろうか。
今後に大いに期待したい作家だ。
ちなみに、小道具の「台所ばさみ」はちょっときつかった。あと、近親相姦も……。

鬼畜の家 (a rose city fukuyama) 鬼畜の家 (a rose city fukuyama)
深木章子

原書房  2011-04-25
売り上げランキング : 145044

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« ×××挫折×××ヨラム・バウマン『この世で一番おもしろいミクロ経済学』 | トップページ | 貴志祐介『鍵のかかった部屋』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2012年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(ま行)深木章子」カテゴリの記事

カテゴリー