無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 深木章子『鬼畜の家』 | トップページ | [ドラマ感想] 『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン1』 »

貴志祐介『鍵のかかった部屋』

つまらんかった。
貴志祐介先生大好きの私だが、これはダメだ。
密室モノの短編4本だが、どれも『硝子のハンマー』を劣化させただけの、面白みのない物理トリックばかり。キャラクター造形も良くない。
「佇む男」という作品では、「犯人が使わなかったトリック」「別解を潰すため」なんて、面白い表現が出てくるが、結局のところ大した内容ではなく拍子抜けする。
「密室劇場」という作品にいたっては、読むのすら苦痛に感じた。
結論。貴志先生は、ミステリー向きの作家ではない。
角川は、二度とこのシリーズを書かすな。

鍵のかかった部屋 (角川文庫) 鍵のかかった部屋 (角川文庫)
貴志 祐介

角川書店(角川グループパブリッシング)  2012-04-25
売り上げランキング : 2026

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
鍵のかかった部屋 鍵のかかった部屋
貴志 祐介

角川書店(角川グループパブリッシング)  2011-07-26
売り上げランキング : 22771

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 深木章子『鬼畜の家』 | トップページ | [ドラマ感想] 『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン1』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(か行)貴志祐介」カテゴリの記事

(2012年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー