無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 中町信『十和田湖殺人事件』 | トップページ | 島田一夫『上を見るな』 »

鮎川哲也編『鯉沼家の悲劇―本格推理マガジン』

本書には、
宮野叢子『鯉沼家の悲劇』
横溝正史・岡田鯱彦・岡村雄輔「病院横町の首縊りの家」
狩久「見えない足跡」「共犯者」
を収録。
『鯉沼家の悲劇』は、全体の2/3くらいが設定ともいえる部分。事件が動きはじめるのが終盤の1/3というのが辛い(設定が長すぎる)。
「病院横町の首縊りの家」は、横溝正史が途中まで書いたものに、他の作家が解決編を付けたもの。岡田鯱彦の作品は良かったが、岡村雄輔の方はつまらない。文章が平易なのに頭に入ってこなかった。
狩久に短編2本はイマイチだった。

鯉沼家の悲劇―本格推理マガジン 特集・幻の名作 (光文社文庫―文庫の雑誌) 鯉沼家の悲劇―本格推理マガジン 特集・幻の名作 (光文社文庫―文庫の雑誌)
鮎川 哲也

光文社  1998-03
売り上げランキング : 740004

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 中町信『十和田湖殺人事件』 | トップページ | 島田一夫『上を見るな』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2013年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー