無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 国内2800万DL達成記念イベント ゴッドフェス 結果報告(パズドラ日記83) | トップページ | 香納諒一『心に雹の降りしきる』 »

長沢樹『消失グラデーション』

第31回横溝正史ミステリ大賞受賞作。
ソデに書かれた選考委員の絶賛の声に期待をして読んだのだが、私にはあわなかった。
ミステリーというより、青春小説の色合いが強い。
中盤に事件が発生してミステリーのようにはなるが、結局は少年少女の心の内側を描いた青春小説だった。

合わないなあ~と思ったのは、まず読みづらい点。序盤から人物が多すぎるし、地理・位置関係などもわかりづらい。
主人公の遊び人っぷりみたいのがイラッと来るしね。ストーリーも面白く無いので、リーデビリティに欠ける。

(以下、ネタバレあり)

で、今更感のある半陰陽ネタと叙述トリック(ちょっと反則気味)。青春小説というより、百合小説かよという感じ。

やや読みづらいけどこれだけのものを書ける筆力は確かなもの(バスケの描写とかね)。そのあたり評価されたのでは?と思う。

消失グラデーション (角川文庫) 消失グラデーション (角川文庫)
長沢 樹 青山 裕企

KADOKAWA/角川書店  2014-02-25
売り上げランキング : 227080

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 国内2800万DL達成記念イベント ゴッドフェス 結果報告(パズドラ日記83) | トップページ | 香納諒一『心に雹の降りしきる』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(な行)その他」カテゴリの記事

(2014年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(2014年読了)一般小説」カテゴリの記事

カテゴリー