無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 西村寿行『母なる鷲』 | トップページ | 佐々木譲『警官の条件』 »

西村寿行『癌病船』

今ひとつだった。以下のような記述は面白かった。

女は性器なのだと思った。黒い炎が転がりはじめている。男は巨大だ。男は強い。男は女をただの性器に変え得る力を持つ。男は女の尻を支配する権限を持つ。
 ポーリンは男の奴隷となった。いつ、どこででも男の意のままに尻を差し出します。支配していただきます。ああ。
」(講談社ノベルズ P83より)


癌病船 (講談社文庫) 癌病船 (講談社文庫)
西村 寿行

講談社  1984-03
売り上げランキング : 647953

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 西村寿行『母なる鷲』 | トップページ | 佐々木譲『警官の条件』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(な行)西村寿行」カテゴリの記事

(2014年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー