無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« [映画感想] 「SP 野望篇」「SP 革命篇」 | トップページ | 西村寿行『癌病船』 »

西村寿行『母なる鷲』

地球は輪姦されている! いや、宇宙の輪姦だ!」(6章より)
アメリカとソビエトがわれわれに尻を差し出した」(7章より)

中郷・伊能コンビの活躍を描く「死神シリーズ(鷲シリーズ)」の1つ。
遺伝子工学やバイオテロ、世界各国の駆け引き、そして孤島の秘密基地と、非常にスケールが大きく、冒険心あふれる内容。
なかなか面白いのだが、終盤に失速。終盤、主役ともいうべき中郷・伊能がほとんど登場せず、テロ組織内部の話ばかりになるのが残念。ちなみに、比較的エロ要素は少なめ。
タイトルはシリーズに由来するわけだが、もっと作品内容に沿ったものの方が良かったと思う。

母なる鷲 (徳間文庫) 母なる鷲 (徳間文庫)
西村 寿行

徳間書店  1990-06
売り上げランキング : 731513

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« [映画感想] 「SP 野望篇」「SP 革命篇」 | トップページ | 西村寿行『癌病船』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(な行)西村寿行」カテゴリの記事

(2014年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー